セブ島での日常生活

これまで何ヶ国も旅してきた私ですが、その中でも意外に良かったと思うのはセブ島です。
セブ島はフィリピンにあります。
フィリピンと聞けば、日本人は少し警戒してしまうと思うのですが、セブ島は案外治安も良く、楽しいところです(そう感じるのは海外経験のある方に限るかもしれませんが)。
まず到着して驚いたのは、ショッピングモールの多さ。
大型ショッピングモールが至る所にあります。
そこまではタクシーで移動するのですが、このタクシーがまた安い。
バス感覚でエアコンガンガンの個人タクシーを利用できます。
ついた先のショッピングモールは、日本のそれとさして差はありません。
大手ブランドの店が立ち並び、金額も「競争がある分、日本で買った方がもしかしたら安いかも…」と言った価格帯です。
しかし売り子さんはこちらが日本人だと思うと強く宣伝してきますので、そこは上手くかわしましょう。
大きな差と言えば、エントランスでセキュリティーゲートが用意されていること。
簡易エアポート、という感じで物々しさがあります。
最初はかばんを見られることに抵抗があったのですが、慣れてしまえばむしろ安心なシステムだと言えます。
店内にはフードコートもあります。
安い値段で、出店よりは衛生面でも安心できる料理が用意されているので良く利用しました。
また、スーパーも併設されていることが多いですから、現地のフルーツなどはそこで調達するのがよいでしょう。
私はドリアンが大好きなので、パック包装されたそれを毎日スーパーの前で食べていました。
現地の人の「何あの日本人?」な視線が痛かったですが…。
そして帰りはタクシーゲートが店内から直通で用意されています。
名の知れた、安心なできるタクシーばかりがそこには来て、なにやら保証書のような紙を渡してくれます。
何か間違いがあった際にはショッピングセンターに連絡できる、ということのようです。
が、字が汚くて良くわかりませんでした。
なにはともあれ、日常生活にそこまで困らない事がおわかりいただけたかと思います。

格安費用ではじめるSEO

病院で保育をお探しならこちら

試作 名古屋

カードゲーム ヴァンガード

鳩撃退ならP-CON